• 立地サポート行政書士 かわち

家賃支援給付金など行政書士に依頼したら、市が補助金給付!

愛知県 東海市役所 商工労政課から、画期的な政策が発表されました!


これまで、コロナ禍に対する支援制度として、

持続化給付金や家賃支援給付金など、行政の施策が相次いで打ち出されていますが、


申請書類の準備や、申請条件の読み込みなど、申請者1人で申請完了することが難しいため、

各地で無料説明会や相談会場が設けられていますが、


申請サポートをさせて頂いた経験上、1時間や2時間では、全ての準備をおこない、申請完了することは、慣れた人が隣にいない限り、非常に困難です。


そこで、東海市役所が新たに、画期的な施策を打ち出しました。 それは、

【家賃支援給付金制度活用促進補助金】 です。


これは、「東海市独自」の「家賃支援給付金」を申請するにあたり、行政書士等に申請サポートを依頼した場合に限り、東海市から補助金が出るという制度です。


このことにより、積極的に東海市の家賃支援給付金に行政書士がサポートをすることが出来ます。

その結果、もらうべき方々が、素早く正確に申請をすることが出来ます。


そもそも、補助金や給付金 手続きの専門家は、行政書士法上も、行政書士に限られます。

是非、わからない、時間がかかりそうなときは、行政書士を頼って下さい。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61500800U0A710C2CR8000/



以下に、東海市役所のHPからの抜粋を載せておきます。

②家賃支援給付金制度活用促進補助金


 国の家賃支援給付金の支給に当たり、税理士及び行政書士等に支払った申請サポートに係る経費相当額(限度額:5万円)

 ※国の家賃支援給付金の支給を受けた際に、申請サポートを税理士、行政書士等の専門家に依頼した場合のみ申請することができます。  』

http://www.city.tokai.aichi.jp/21625.htm


こうした支援が広がれば、行政書士が皆さんのサポートを、更に積極的におこなうことができます。

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年、あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 まだしばらく続きそうなコロナ禍での新年幕開けとなりましたが、 引き続き、前向きな事業者様の応援を続けてまいります。 このピンチを、チャンスに変えていきましょう! 今回、HPのスタッフ紹介写真を更新しました。 名古屋の「スタジオビーンズ」プロカメラマンの臼井様に撮っていただきました。 素敵な写真に仕上げて頂き、感謝しております

今回は、家賃支援給付金の申請方法について、 さらに確定した内容を、お話しします。 家賃支援給付金とは、 地代、家賃(賃料)の負担を軽減する給付金です。 支給対象は、以下の3つ全てを満たす事業者です。 ① 資本金10億円未満の、中堅企業、中小企業、 小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者 ② 5月~12月の売上高について、 ・1カ月で前年同月比̠▲50%以上 または、 ・連続する3カ月の合計で前

ついに家賃支援給付金に関するお知らせが、 経済産業省より発表されました。 第2次補正予算で、予算成立していたものですが、 今回、もう少し内容がわかってきたので、お知らせします。 【支給対象】 次の①②③すべてを満たす事業者様 ① 資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、 フリーランスを含む個人事業者 ② 5月~12月の売上高について、 ・1カ月で前年同月比̠▲50%以上 または ・連